あなたはどっち派???

こんにちは担当Mです。

 

以前、当社のみ限定販売中の「一番地 特別純米限定酒 生貯蔵」「夏の想ひで」についてUPしました。

本日は、この2種のお酒を比較してみたいと思います。

 

 

 まずは、お酒のスペックをご覧ください。

 

<一番地>

日本酒度:+3

酸度  :1.2

精米歩合:60%

原料米 :新十津川産 吟風

 

<夏の想ひで>

日本酒度:-14.5

酸度  :2

精米歩合:60%

原料米 :新十津川産 吟風

 

2つのお酒の数値を見ると、味わいは真逆なのがおわかりいただけると思います。

 

同じ杜氏で、同じ酒米を使用しているのにも関わらず、

こんなにも味わいが異なるという事が、日本酒の面白さの一つと言えます。

 

 

【杜氏の想い】

 

<一番地>特別純米限定酒生貯蔵は、市澤杜氏が考える「純米酒の決定版」のお酒。

 

<夏の想ひで>『夏』をイメージし、楽しみながら造ったお酒。

       杜氏は、このお酒が一番楽しく造れたと語っているほど、思いが詰まった一品。

 

 

 あなたはどっち?

一番地の旨口系?夏の想ひでの甘酸系?

それとも両方???

 

飲み比べにピッタリな2種類となっていますので、当社でしか手に入らない。

そして、そして、数量限定の商品となっていますので、この機会をお見逃しなく!!!

 

ichibannchi_tokubetujyunnmaigennteicyu_namacyozou2018_VS_natunoomoide2018

 

 

 instagram_yoko_A4