新酒しぼりたて☆いよいよ☆上槽

11月7日、先日蒸米作業を見学した、「千歳鶴 純米新酒しぼりたて」の上槽(搾り)が8日に行われると聞きつけ、仕込タンクを覗き見しに行ってまいりました☆

shiboritate2017_01

市澤杜氏も忙しそうなので私、担当Hと同僚の担当Sで仕込タンクを探し回りました。

 

あ、ありました☆

shiboritate2017_02

新酒しぼりたて純米、吟風70%!これですね☆

shiboritate2017_03

仕込当初のお粥のような固形状よりももっとなめらかな印象に見えます。まだまだ炭酸ガスがぼこぼこなってるのが見えますか?

 

翌日、早速、搾りの現場へ!

shiboritate2017_04

昨日拝見した、丹頂蔵2階の「新酒しぼりたて」の仕込タンクにつながっております。毎年、この瞬間がワクワクドキドキ。

shiboritate2017_07

でてます!でてます!「千歳鶴 純米 新酒しぼりたて」にこれからなる予定の「無濾過原酒」。

shiboritate2017_06

今年の北海道産のお米は昨年と比べ段違いに吸水性が早く(表現が間違っていたらごめんなさい)管理が大変シビアで苦労した と市澤杜氏。

 

しかしながら昨年の「新酒しぼりたて」同様のコンセプトどおり「香り穏やか」「食中酒にぴったり」の出来上がりに満足な表情を浮かべておりました☆

shiboritate2017_05

これから貯蔵やろ過などの工程を幾つか踏み、12月1日の発売になる予定。

 

皆様、今年も素晴らしい出来☆楽しみにお待ち下さい。尚、早い段階の完売が予想される商品。ご予約はお早めに☆